Facebook 関連ニュース

  1. Facebookで使える音楽拡大──ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーも

    Facebookが複数の著作権管理団体と契約し、ユーザーがアーティストの著作権を侵害せずに使える楽曲を拡大すると発表した。ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーの楽曲をFacebookだけでなく、Instagram、Oculus、メッセンジャーなどで使えるようになる見込み。 …

  2. Facebook、企業やブランドより友達の投稿をさらに優先するアルゴリズム変更

    「Facebookの改善」を今年の個人目標に掲げたザッカーバーグCEOの下、Facebookがニュースフィードでの投稿表示ランクで、企業やブランドより友達や家族を優先するアルゴリズム変更を発表した。 …

  3. OculusとXiaomi、Snapdragon搭載の無線VR HMDで提携

    XiaomiからFacebookに転職したヒューゴ・バーラ氏が、Oculus VRとXiaomiがスタンドアロンVRヘッドセットで提携したと発表した。Qualcomのプレスイベントで、Snapdragon 820搭載の「Oculus Go」と「Mi VR Standalone」を紹介した。 …

  4. FacebookのザッカーバーグCEO、今年の個人目標は「Facebookの改善」

    Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが毎年年頭に発表する個人目標。2018年の目標は、昨年さまざまな問題が浮上した「Facebookの問題を解決する」になった。

  5. Facebook、Twitter、YouTube メディアの特性を知って浅草の魅力を伝え分ける

    小さな組織や個人でも世界とつながることができるSNSの時代、各メディアの特性を生かした効果的な情報発信を心掛けたいものです。

  6. 2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

    2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。 …

  7. 訴えてやる! 訴えてやる! バビル2世――2017年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10

    Facebookの「いいね!」数で振り返る2017年の自分研人気記事、どうもきな臭いタイトルのものが多いようで……。

  8. FacebookとUniversal Musicが契約締結 権利気にせず利用可能に

    Facebookが米大手レーベルUMGと複数年のグローバル契約を締結。まずはUMGアーティストの楽曲を、Facebook、Instagram、Oculusに投稿する動画のBGMとして使ったり、友だちとシェアしたりできるようになる。 …

  9. Facebookが嫌がらせ防止の新機能導入へ 複数アカウントを利用した嫌がらせ対策など

    導入される新機能は「望まない接触の防止」と「メッセージの移動」の2つ。

  10. Facebook、嫌がらせ対策でメッセージの未読確認機能と偽アカウントでの友達申請ブロック機能

    嫌がらせ対策に取り組むFacebookが、友達申請が以前ブロックした相手の別アカウントであると通知する機能と、ブロックできない相手からのメッセージを未読のまま読める機能を追加した。

  11. メルカリが世界1億DL突破 FB元幹部参加の米国でも好調

    フリマアプリ「メルカリ」が世界累計1億ダウンロードを突破した。17年に米Facebook元幹部を執行役員として迎えるなどして、米国事業も順調に推移している。

  12. Facebook、誰かの投稿に自分が写っているとタグ付けされていなくても通知

    Facebookが、たとえタグ付けされていなくても自分が写っている可能性のある写真が投稿されると通知するようになる。自分の顔データを顔認識システムに使われたくなければ、オプトアウトすることも可能だ。 …

  13. 「○○ならシェア!」などのスパム的投稿、Facebookが評価下げる対策

    「エンゲージメントベイト」と呼ばれる手口を使うユーザーやページに対策。

  14. Facebook、「〜たらシェア」などと強要する投稿の表示ランクを下げるアルゴリズム変更

    Facebookが「気に入ったらシェア」などの文言を含む投稿をリーチ稼ぎを目的とした「エンゲージメントベイト」と分類し、ニュースフィードでの表示ランクを下げるアルゴリズム変更を実施する。そうした投稿が多いページのランクも下げる。 …

  15. Facebook、メンタルへの悪影響を認める研究結果とその対策を発表

    Facebookが、ソーシャルメディアがメンタルに与える影響に関する研究結果を発表した。「ソーシャルメディアが悪かどうかは使い方次第」だとして、良い使い方をサポートする取り組みも説明し、新機能「Snooze」と「Take a Break」を追加した。 …

  16. FCC、「ネット中立性」規定の廃止を決定 「法廷や議会で戦う」と反対派

    米連邦通信委員会(FCC)は12月14日の投票で「ネット中立性」規定の廃止案を承認した。TwitterやFacebookなど影響を受ける企業が参加するネット中立性支持団体は「法廷や議会で戦う」としている。 …

  17. Facebook、メッセンジャーに新ARツール「World Effect」

    Facebookが、Snapchatの「World Lens」のように背面カメラの動画に3Dエフェクトを追加できる機能「World Effect」を「Facebook Messenger」に追加した。

  18. Facebook、動画で使える無料のBGMと効果音集「サウンドセレクション」

    Facebookが、FacebookとInstagramで公開する動画で無料で使えるBGMと効果音集を公開した。30秒以上の楽曲や、「チーン」「ガチャ」というような効果音が揃っている。

  19. Facebook Messengerの「インスタントゲーム」にライブ配信と動画チャット機能

    Facebookのメッセンジャーで遊ぶカジュアルゲームのプレイをライブ配信できるようになった。来年初頭には「Angry Birds」も遊べるようになる。

  20. AWS、Facebook、Microsoftの3社、AIモデルのオープンフォーマット「ONNX」を正式リリース

    ディープラーニングフレームワーク間の相互運用性を実現する「Open Neural Network Exchange(ONNX)」がバージョン1.0となり、本番環境で利用できるようになった。

  21. Instagram、「ダイレクト」の単体アプリテストを開始

    Facebookが、FacebookアプリからFacebook Messengerを独立させたように、Instagramアプリの「ダイレクト」機能を単体アプリにするテストを一部の国で開始した。

  22. Facebook、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングで首位に

    Glassdoorが毎年発表する従業員の投票による「働きやすい企業」ランキングで、昨年2位だったFacebookが1位にランクアップした。Appleは84位に大幅ダウン。

  23. Facebook、保護者が管理できる子ども用メッセンジャーアプリ「Messenger Kids」プレビュー

    Facebookが、6歳以上の子ども向けメッセンジャーアプリ「Messenger Kids」のプレビュー版を米国で公開した。ペアレンタルコントロール機能があり、アカウント作成やコンタクトの追加は保護者が行う。 …

  24. 「使ってもいいよ」、あの「Webの巨人」が公開した自作データベースたち

    今月は、Google Cloud PlatformのCloud SpannerとFacebookのMyRocksに着目します。どちらも元は、大規模な自社業務のために開発され、本番運用されています。そして、使おうと思えば私たちも使えるように開放されています。スケールの大きな処理のために独自開発されたデータベースには、どのような工夫が盛り込まれているのでしょうか。 …

  25. 甘く見てはいけないWorkplace by FacebookとAmazon Chime、コラボツール市場は波乱の展開へ

    Facebookがユニファイドコミュニケーション(UC)の一団に加わった。負けじとAmazonも参入し、UC市場は巨大な2つのディスプラプター登場により波乱の展開を迎えつつある。

  26. Google、Facebook、Twitterに続き、Skypeも締め出す中国

    中国では多くの主要なインターネットサービスが遮断されているが、今度は中国のApp StoreからSkypeが消滅した。Microsoftは現地法に準拠する形で再リリースする意向だ。

  27. Microsoft、「Skype」へのFacebookアカウントでのログインを2018年1月10日に終了へ

    Skypeの旧バージョンでまだ可能なFacebookアカウントでのログインが、2018年1月10日からできなくなる。Skypeを使い続けるには、Microsoftアカウントに移行する必要がある。

  28. AIで自殺ほのめかしを早期発見──Facebookが世界で開始

    Facebookが、自殺ほのめかし投稿の第三者からの報告だけでなく、AIが検出した投稿にも対策チームが対処するようになる。日本を含む世界で開始する。



Facebook

Twitter

当社代表の出演作

当社代表の出演作


ページ上部へ戻る