404ページで絶対にやってはいけないこと

404ページでGoogle Adsenseを表示させていると・・・
プログラムポリシーに違反します!ご注意ください。

ホームページやブログ内検索などで、すでに存在しないURLを入力し検索された場合、ユーザーには404エラーの画面が表示されます。
例:404ページ

しかし、この404ページにGoogle Adsenseを表示させていると、コンテンツ不足によりペナルティを課せられてしまいます。

コンテンツを含まないページ(手続き完了ページ、エラー ページ、離脱ページなど)に広告を掲載することは許可されません。このようなページは、訪問者がドメインから離脱する可能性がある際、場合によっては購入やダウンロードなど、サイト上で特定のアクションを実行した後に表示されます。エラー ページには、そのページにコンテンツがないことをユーザーに知らせる 404 エラー ページなどがあります。この種のページに広告を掲載すると、広告が実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、広告を掲載されないようお願いいたします。support.google.com

404ページには、Google Adsenseの広告は掲載しない用に注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Facebook

当社代表の出演作

当社代表の出演作


ページ上部へ戻る